【唾液を出すトレーニング】

口内で分泌されている唾液には、様々な働きがあります。
食べ物を消化し虫歯を予防する働きや、口内の粘膜などを守る働きなどさまざまな形で役立っているのです。
そして唾液の分泌を増やすことは、健康の維持にも繋がることなのです。
ここでは唾液の量を増やすための方法を解説します。

口内炎,ドライマウス

唾液の量を増やすためには?

私たちの口の中で分泌されている唾液は、一般的に知られている消化液としての役目だけでなく口内の保護や虫歯の進行の抑制など様々な役目を持っています。唾液が分泌されるということは健康の証明でもありますが、体調によっては唾液の分泌が鈍くなることもあるのです。

唾液の働き

唾液は水分だけでなく体内で合成される様々な物質が含まれており、それらの物質の働きによって身体に有益な効果を発揮しています。唾液や涙に含まれるリゾチームなどの抗菌作用のある物質は、細菌やウィルスの感染を妨げる効果があります。弱アルカリ性に属する唾液は、口内の酸性化を中和し虫歯の進行を防いでくれます。
唾液に含まれるアミラーゼをはじめとする消化酵素は、炭水化物の分解を行い胃で行われる消化の負担を小さくします。また、唾液は口内の粘膜や歯の表面を覆うことで刺激に対抗する緩衝作用を発揮して口内を保護しているのです。

唾液の分泌の条件

唾液は、何もしていない状態であっても常に少量ずつ分泌されています。唾液の分泌量が増えるのは、食事をしている時や条件反射などの条件が満たされている時です。
食事中の唾液は炭水化物の消化分解と、噛み砕かれた食べ物を食道にスムーズに送り込むための潤滑剤として機能します。また、お腹が空いた時や酸っぱい食べ物を思い浮かべた時などに条件反射で唾液の分泌が活発になることがあります。
唾液は非常時の水分補給に適しているため、歯を舌先で舐めることによって唾液を分泌させて喉の渇きを潤す方法がサバイバル技術として教えられているほどです。

唾液を出すことの効果

唾液の分泌を増やすことは、健康に良いといわれています。食べ物の消化吸収が良くなり胃の負担が軽減することもその一つですが、唾液の中に含まれているパロチンという物質には若返り効果があるといわれています。
唾液の分泌量が増えるのにつれてパロチンの分泌量も増加するため、健康増進に効果を発揮するのです。唾液の分泌量が増えれば、口内を洗浄して保護する働きが強まるため口内炎の予防にも効果があります。

唾液を増やす訓練法

唾液の分泌量を日常的に増やすためには、幾つかの訓練法があります。もっとも簡単な方法は、「食事の際に噛む回数を増やす」ことです。よく噛んで食べることは唾液が出て消化が良くなる効果だけでなく、こめかみの部分を活発に使うため頭の血行が良くなるのです。
食事以外の時に唾液の分泌量を増やす場合は、レモンや梅干などの酸っぱいものを口にしたり、思い浮かべたりすると効果があります。酢昆布やガムを噛むことも唾液の分泌を盛んにしてくれます。特に昆布に含まれているアルギン酸は、唾液の分泌を助ける働きがあり、非常に有効な食材であるといえます。

上へ戻る