【口内炎の原因とメカニズム】

口内炎は、何気ない日常生活の中で発生するため気づかないうちに発症リスクを高めていることも少なくありません。
では、口内炎はどのような仕組みと原因によって発生しているのでしょうか?
口の健康を脅かす口内炎の原因と発生メカニズムについて解説していきます。

口内炎,原因,メカニズム

口内炎の発生する仕組みと原因

虫歯に並ぶ口内トラブルである口内炎は、虫歯よりも発生するリスクが高いものといえます。虫歯の予防に気を使っていても口内炎が発生するケースも少なくないのです。では、どのような原因によって口内炎は発生しているのでしょうか?

口内炎の原因

口内炎の原因は多岐にわたっています。原因のどれか一つに気を配れば予防できるというものではないのが最大の悩みといえます。では、どのような原因があるのでしょうか?

細菌やウィルスへの感染

口内炎の原因として最も有力視されているのが細菌やウィルスへの感染です。空気中に含まれている様々な細菌やウィルスが、口内の抵抗力が弱っている部位に感染することで炎症が起こるという考え方で、多くの口内炎の原因になっていると見られています。

口内を傷つける

口内炎の原因の一つとして、歯や食べ物で口内が傷つけられることが挙げられます。歯並びの悪さが原因になって起こる不正咬合などによって頬が傷つけられることや、魚の骨などの硬いものが引っかかるなどが炎症の原因となると考えられています。

栄養バランスの偏り

偏食や食生活の多様化などが原因となる栄養バランスの偏りも、口内炎の原因の一つになります。特に、ビタミンやミネラルの不足は頬の粘膜の新陳代謝を妨げる原因になり、口内炎の発症リスクを高めてしまいます。

口内の乾燥

口を開けっ放しにするなどして口内が乾燥することも口内炎の原因になります。口内は、常時唾液などで湿った状態になっていることで粘膜が保護されていますが、乾燥してしまうと粘膜としての機能が低下して口内炎を引き起こしやすくしてしまうのです。

ストレス

多くの病気の原因となるストレスも、口内炎の原因となります。過剰なストレスの蓄積によって、口内の粘膜の再生力が低下することによって傷の潰瘍化が進行して口内炎を発生させるためです。

病気

病気の中には、口内炎が症状の一つとして現れるものもあります。膠原病やベーチェット病などの免疫疾患や白血病などに付随する形で現れることが多く、病気の予兆として見られる場合もあります。

口内炎のメカニズム

口内炎が発生するのは、発症原因が起こるだけではまだ足りないようです。現在は幾つかの原因が複合して起こることによって、発症するという説が強くなっているようです。
中でも口内炎の発症メカニズムで大きな役割を持っているのが免疫力の強さと考えられているようです。これらの原因によって、口内の粘膜や歯茎の抵抗力が弱まることで傷に細菌やウィルスが感染して潰瘍化を起こしたものが口内炎になると考えられています。

上へ戻る