口内炎で困ったら見るページ SEOを考えたサブタイトル
口内炎の原因とメカニズム

【口内炎】

口の中に出来る口内炎は、痛みや口臭の原因になるだけでなく食事が出来なくなることもあるほどの困難をもたらすものです。
どのような原因によって口内炎は発生し、どのような症状を引き起こすのでしょうか?
このサイトでは、口内炎の情報を総合的に紹介していきます。

口内炎で困ったら… 原因/治療/症状

口の内部の粘膜や歯茎などに発生する口内炎は、痛みの発作を起こすだけでなく食事を困難にする性質を持った、虫歯に並ぶ口のトラブルの代表格と言えます。
どのようにして口内炎は発生し、どのような方法で予防・治療できるのでしょうか?

口内炎の悩み

口は、人間が生きる上で重要な役目を持っています。
食事の際には、胃腸が消化吸収しやすいように食べ物を加工する機能、味を判断することで身体への悪影響を最小限に抑える機能、会話など意思疎通を行なうために音声を発する機能、呼吸する機能と様々な機能をこなすための仕組みが口には集約されているのです。
しかし、口内炎を患うと口の機能の幾つかに支障が現れます。
口を開くことや口の中に食べ物を入れることなどが痛みを引き起こす原因となるため、食事や呼吸や会話が充分に出来なくなってしまうのです。

治療を怠ると…

人間の身体には自然治癒力があるため、放っておいても2週間程度で口内炎は自然に治るものです。
しかし、口内を清潔にして口内炎の悪化を防ぐようにしなければ口内炎は慢性化して口の中をボロボロにしてしまうのです。
口の中は自然治癒の原動力となる新陳代謝が活発に行われているとはいえ、悪化が進めば自然再生が足踏みしてしまうことになるのは当然なのです。

上へ戻る